フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月の5件の記事

2012年9月30日 (日)

9月に読んだ本

最初の2冊は8月に読んだ本ですが。

『改定新版 コワ~い土地の話』 三住友郎著 宝島SUGOI文庫

不動産業界で仕事をし、土地家屋の売買の仕組み、からくりを熟知した著者が実際にあった話を元に土地の売買の複雑さ、難しさをケース別に書いてあります。

例えば土地を購入したら水道管が引かれていなくて工事をするために周りの住宅の了解を取り付ける必要があったという話や、購入した土地がどんな道にどの程度接しているかという接道義務に違反していて建て直しができないとか、読んでるだけで『コワ~っcoldsweats02』と思う話が続々出てきます。

こんな本を読んでるんだよ、とオットに話したら『職場の人で、土地買ったのに家が建てられない土地で結局ローンだけ払い続けてる人がいるって聞いたことがある』と恐ろしいことを言うではありませんか。

なかなかこの世界奥が深そうです。(8月下旬)

『女子のお値段』 さかもと未明著 小学館

男と女、同じ人間なんだから対等よ、という考え方もあるものの、実際の世の中はそうじゃない。

男には許されて女には許されないもの、女には楽にクリアできても男にはできないもの、などあるのが現実。

著者が実際の世の中で女子として生きていくのに必要なことが書かれています。

もちろん男女それぞれに例外も多くあるので全てが当てはまる話ではないと思うのですが、それでもかなり現実的なことが書かれていると思います。(8月下旬)

『「だから、B型だ」って言うな!』 御瀧政子著 主婦と生活社

血液型性格診断では『わがまま』『自己中心的』『マイペース』と何かとマイナスイメージがつきまとうB型についての魅力が書かれています。

一番印象に残ったのは第一章の世界の血液型の分布や血液型による性格診断がある国、ない国についての記述でした。

結局のところ一言で言ってしまえば人からは分かりにくく理解されにくい性格ということのようです。(9月8日)

『放蕩記』 村山由佳著 集英社

表紙には膝をかかえてうつむく女の子の絵が書かれていて、その上にでかでかと赤い字で『放蕩記』、白抜きで『村山由佳』と書かれてあるのに、目次の次のページにはそれはそれは小さい字で『放蕩記』と書かれている辺り、著者のどんな思惑が隠されているのかといきなり気になりました。

内容は著者の自伝的小説で小説家である主人公が子ども時代からの母親との関係を振り返り見つめ直す話です。

私はよく村山由佳さんのインタビュー記事を読んでいるのでその中で出てきたエピソードも知っていて慣れていたけれど、それでもなかなかハードな親子関係です。

でも終わりのほうでいくつか救いを感じる場面があってお兄さんのセリフを読んだときには思わず涙が…。

分厚い本なのですが2日であっという間に読んでしまいました。

こんな風に作品を作り出せるなんてすごいなと思う反面、作り出すために自分と向き合い身を削る作業も必要な訳で『つくづく難儀な仕事だね~』と思いました。(9月10日)

2012年9月26日 (水)

『今編みたいニット』よりストール編み始め

9月になって風が少し涼しくなり本屋さんに編み物の新刊本が並び始めると途端に編み物熱が出始めます。

どの本も欲しくなるのですが買っても結局見るだけってパターンが多いので『なんでもかんでも欲しがるなthink』と自分を戒めています。

Photoその中で『編みたいsign01これならちゃんと完成させられそうshine』と今シーズン最初に買った『今編みたいニット 2012‐2013秋冬』からストールを編み始めました。

昨シーズン取り掛かって結局仕上げてないものがいくつもあっるのでそちらを仕上げてからという考えもあったのですが、作りたいときに作りたいものに取り掛かると思いがけず順調に仕上がることもあるからねbleah

ウェアだと編んだ後とじはぎ作業が待ってるけどストールはとじはぎもないし四角く編むだけだし。

糸は指定通りハマナカのアランツイード。

私はきつめに編んでしまうのでいつも指定より2号くらい太目の針を使っていて今回も9号→11号で編もうと思っていたら11号の針が手元にありませんでしたwobbly

『ウェアじゃないから多少小さくなってもいいか』と10号で編み始めましたが、ここまで編んで幅を計ってみたらいい感じ。

Photo_2

ほんとはゲージをちゃんと取ってから編むべきなんですけどあまりに小さかったら『ここまでは練習』ってことでほどいてやり直せばいいか、なんて思ってました。

ジグザグ模様は32段で一模様。

これを10模様の320段編んで上下にガーター編みを4段つけてフリンジをつければ完成。

飽きっぽい私にとってはまだまだ先は長いけど早めに完成させてこの冬使いたいと思っています。

2012年9月19日 (水)

ダブルウェディングリング 少しだけキルティング

台風が過ぎ去り今日は大陸から秋の高気圧が張り出してきたそうで、家の中にいて外からの風が吹いてくると半袖では少し肌寒く感じます。

そんな中久々にダブルウェディングリングのキルティングを進めました。

Photo

といっても進んだのはちょっとだけで、リングのキルティングが約8個できました。

右端の部分のキルティングはまだだから約8個、ねbleah

リングの重なっている部分はこんな感じ。

Photo_2

リングが絡んでいるように見えればいいのだけど。

maple maple maple maple maple maple maple maple maple maple maple maple 

毎年秋になると新しい編み物の本を見てはあれを作りたい、これを作りたい、と編み物熱が出始めます。

でもいつも糸代をケチって安売りの毛糸で作っては出来上がりに満足できなかったり途中で放り出したりの不完全燃焼ばかり。

今年は同じことを繰り返したくないと思い初めて本の指定糸で編もうと先日ネットで注文、ただ今発送待ちです。

もうそろそろ発送されるかなと思うと待ち遠しいけど、届いたらきっと編み物しかしなくなると思うので今のうちに少しでもキルティングを進めておかねば。

2012年9月 2日 (日)

羨ましくて仕方ない

昨日今月から行くことにした土曜日のバレエ教室に行って来ました。

木曜日の文化センターのクラスに通っている人が3人こちらのクラスにも来ていました。

そのうちの1人は先週見学した際に先生からトゥシューズの許しが出た人で最初にトゥシューズの申し込み用紙を渡されたいたのですが、他の2人も来るとすぐ『はい、○○ちゃんもこれ書いてね』と申し込み用紙を渡されていました。

皆大人から始めた人たちで週2回のレッスンを始めて1年経ったので3人揃って先生からトゥシューズの許しが出たのでしたsign01

先生に足を見てもらってサイズを相談したり『来週テーピングの仕方を説明するからテープを買ってきてね』と言われているのを見てたらもう羨ましくて…。

私は関係ないのに一緒になって喜んでいたら、ふいに先生が『○○ちゃん(私の名前)もバレエ再開してからもう半年だから、半年後には履けるかもsign02』と言われました。

そう言われて嬉しかったものの体の硬さや筋力不足は自分が一番分かっているので『いやいや~それは無理無理coldsweats01 とりあえず週2回通って1年後、来年の夏OKが出たらいいな』と気を引き締めましたpunch

その後受けたレッスンは他の人の動きを見ながら一生懸命やるもののついていくのでいっぱいいっぱいでなかなか前途多難なようです。

でも頑張りま~すhappy01

思い出のバレエの本

小学生のころよく『○○入門』という女の子向けのシリーズ本を買っていました。

内容はお菓子作りだったり、ペーパークラフトだったり、マナー入門だったり。

その中でこの頃懐かしくてまた見たいと思う本がありました。

いつも利用する図書館は借りたい本が蔵書になかった場合、リクエストしてもし近隣の図書館の蔵書にあれば図書館同士で借りて、その上で貸し出ししてくれます。

そのシステムを利用して懐かしの本を借りることが出来ました。

それがこれ↓

Photo

小学館ミニレディー百科シリーズ『バレエ入門』(初版1979年)

私が買ったのは多分最初に出た頃で、これは1993年の第15刷なので表紙の絵が違うのですが内容は昔のままでした。

監修が松山バレエ団の松山樹子さん、著者が同じく清水哲太郎さんなので内容は松山バレエ団寄りですが、足のポジションからバーレッスン、フロアレッスンなどイラストで詳しく書かれています。

中でも子ども心に印象深く残っていたのがマンガ『森下洋子物語 はてしなき星(エトワール)への道』。

当時日本を代表するバレリーナとして活躍していた森下洋子さんが、バレエと出会いレッスンを重ねて世界的なバレリーナになっていく姿を描いています。

その中でもトゥシューズを履いて立つシーンが印象的でよく覚えていました。

子ども時代バレエに憧れていたものの、自分の中でもバレエを習うということが現実的に思えなかったのか親に『習いたい』と言うこともなくバレエに触れることもなく成長しました。

ところが、大人になったら時代は変化して幸運なことに大人の初心者向けバレエ教室ができ私でもバレエを楽しむことが出来るようになっていました。

たとえ子どものときからやっていた人の様には踊れなくてもレッスンのたびに体のあちこちがギシギシ言ってもいても、今はレッスンを受けられるのが楽しくて仕方ありませんsmile

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »