フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月の2件の記事

2013年4月30日 (火)

4月に読んだ本

『死ぬまでにしたい10のこと』 斉藤薫・横森理香・谷村志穂・室井佑月・倉田真由美・酒井順子・八塩圭子・角田光代・しまお まほ・MAYA MAX 著 ヴィレッジブックス

同名の映画をヒントに10名の女性が“もし死期が近いとしたら何をしたいのですか?”というテーマで書いたもの。

まあ人によってやりたいことも大事なものも緊迫感も違っていて面白かったです。

この10人の中では酒井順子さんの考え方が一番自分に近いかな、という気がしました。(3月下旬)

『もう、忘れたの?』 酒井順子著 講談社

週刊現代の連載記事をまとめたエッセイ集。

酒井さんのエッセイを読んでいると『あ~この感じあるある』と思うことが多いです。

中でも『九州男児考』は私が九州の女でもあるので『確かにね~』と思って可笑しかったです。(3月下旬)

『医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法』 近藤誠著 アスコム

書店の店頭に平積みされていて手にとってパラパラと読んでみたら…面白そう~ってことで購入。

抗がん剤が効くがんと効かないがんがあるという辺りは別の本も読んでみようと思いますが、症状が出てもいないのにやたらと病院に行くもんじゃないな、と思いました。(4月7日)

『聞く力 心をひらく35のヒント』 阿川佐和子著 文春新書

昨年一番売れた本ということで話題になった本。

図書館に予約してずーっと待ってやっと借りられました。

阿川佐和子さんの語り口そのまま読みやすい文章で長年の対談で得た人の話を聞くヒントが書かれています。

成功談だけじゃなく失敗談もちょいちょい書いてあって好感が持てました。(4月7日)

『脳はこんなに悩ましい』 池谷裕二・中村うさぎ著 新潮社

脳科学研究者である池谷さんと『自分とは』『女とは』という問いに真っ向からぶつかって数々の作品を出し続けている中村さんが脳について語り合った本。

池谷さんの説明は分かりやすいし中村さんの質問は的を得ているし、読んでいて『へえ~』と思うことがたくさん書かれていました。

2人とも実に頭がいい人だな~と思いました。(4月11日)

『人生が用意するもの』 川上未映子著 新潮社

芥川賞作家である川上さんのエッセイ集。

実は川上さんの作品を読むのは初めて。

図書館でぱらぱらっと見て『面白そう』と思ったので借りてみました。

日頃のつぶやきをそのまま文字にしたという感じで力が入ってなくて『へえ~こんな文章の書き方もあるんだ』と発見でした。(4月12日)

『花も実もない人生だけど』 中村うさぎ著 角川文庫

ブックオフで105円で購入。

2年半の連載エッセイをまとめたものでホストにはまってえらい目に遭い美容整形にはまっていった間に思ったこと考えたことが書かれています。

毎度の事ながらうさぎさんの文章は面白い。

なんじゃこりゃという出来事が書かれていたと思えば人間についての深い考察が書かれていて読んでいて飽きることがありませんでした。

他のエッセイ集の文庫本がブックオフの棚に並んでいた気がするのでまた買いに行こうかな。

105円なら気楽だしやっぱり文庫本は持ち歩くときに小さくて軽いから便利だわ。(4月18日)

『狂人失格』 中村うさぎ著 太田出版

中村うさぎさんの本をブックオフで買って読もうと思っていたのですが図書館に行く機会があったので何冊か借りてきた中の1冊。

ネットで知った“優花ひらり”という女性に興味を持ち近づきどういう経緯を辿ったかという出来事が書かれているのですが、これって実際にあったこと?それとも小説?

もし実際にあったことならば恐いと思いました。

中村さんの自分とは何ぞや?自分は一体何を欲しているのか?という問いの深さからくる苦しさも伝わってきました。(4月20日)

2013年4月24日 (水)

役員決めのくじに当たるんだな~(ーー;)

新入学、進級のこの時期保護者にとっては憂うつなもの、それは役員決めの集まり。

私も先日息子の中学校のPTA役員決めがあり行ってきました。

授業参観のあとの懇談会で先生からのお話の後、前年度の役員さんが進行の元『では…役員決めに移りたいと思うのですが…どなたか立候補される方は…』という問いかけに手を上げる人はなく、くじ引きで決めることになりました。

すでに役員経験者、今年度他の役員(執行部など)を引き受けている人、そしてその場でなることができない理由(入退院を繰り返している、介護でいっぱいいっぱい、など)を説明して認められた人を除き、欠席者も頭数に入れてのくじ引きが始まりました。

出席番号順に引き(欠席者の分は先生が代理で)私の番が来ました。

できるだけさらっと引こうと1本引いてみたら…見事役員の印がついていましたbearing

振り返ってみると子どもたちが小学校の通っていた延べ8年間のうち、小学校関係の役員をしていなかったのは2年間だけ(そのうち1年間は下の子の幼稚園の役員をしていたので全くのフリーは1年間だけ)。

途中小学校をかわったため新しい学校では役員経験なしでのスタートになるため回数が増えてしまうんですよね。

うちは転校は1回だけでしたが、短いスパンで転勤する家庭には辛いことでしょうね。

しかも中学校の役員は小学校と違い生徒の人数に対して役員の数が少ないため3年間経験しない人もいるというのに上の子でも下の子でもくじに当たるという…wobbly

ちなみにその後行われた各役員の長決めのくじ(こちらはあみだくじ)には当たらずに済みました。

これだけ何回も役員をしていながら長副など責任の思い役には一度も当たったことのない私。

来年度は役員候補から外されるし、結果的にはまぁくじ運がいいんだろうな、と思っています。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »