フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« トゥシューズが履ける日も近い?! | トップページ | ダブルウェディングリング キルティングの終わりが見えてきた! »

2013年9月30日 (月)

9月に読んだ本

『閉経記』 伊藤比呂美著 中央公論新社

伊藤さんが閉経前後の時期に雑誌『婦人公論』に連載していたエッセイをまとめたもの。

閉経を含めた身体の変化のこと、熊本で1人暮らしをしていたお父さんのこと、すっかりはまったズンバのことなど書かれています。

伊藤さんのエッセイは変にポジティブって訳でもないのに読み終わると何だか元気になります。(9月上旬)

『こっちへお入り』 平安寿子著 祥伝社

エッセイ『幸せになっちゃおしまい』に書かれていた市民サークルの落語講座に集う女性の話。

主人公が『なぜ落語?』と思うところからどんどんはまっていき、その中で自分らしさや人生について考える姿が興味深いです。

私はちゃんと落語を聞いたことがないので一度レンタルして聞いてみようかな、と思いました。(9月上旬)

『キレる女 懲りない男 -男と女の脳科学』 黒川伊保子著 ちくま新書

人工知能エンジニアとして人間の脳について研究を重ねてきた著者が研究を進めれば進めるほど強く感じた男女の脳の違い、ひいては感じ方や行動の違いについて書いたもの。

脳の男女差についてはどちらかの性の中でも個体差が大きく『全くその通り』という個体もいれば『全く該当しない』という個体もいるので全ての個体が『その通り』という答えは得られないとしても大きな特徴を知る上ではとても有効だと思いました。

カップルの2人で読んでお互いがどういう風に感じて行動の裏にはどういう根拠が隠されているのかを考えるきっかけになればその後の2人の関係は良好になりうるんじゃないかと思いました。(9月上旬)

『きれいは力』 山本浩未著 幻冬舎

長年メイクアップアーティストとして活躍してきた著者が仕事をする中で感じたこと、経験を積むにつれて深まってきた考えについて書かれています。

山本さんのメイクは普段の生活の中で使える自然なメイクなのが売り。

ただメイクをすることで気持ちが明るく変化したりやる気になれるといったメイクの効果をいかに活用していくか、その重要性についても書かれています。

私はメイクすればやっぱりきれいになるし気持ちが明るくなるのは分かるのだけど、どうしても面倒になって普段は眉とチークと口紅だけで済ませてしまいがち。

もともとまつげは上向きにカールしてるし長さも十分あるのでついつい楽をしてしまうのですが、山本さんいわくアイラインの効果は絶大らしいのでトライしてみようかな~と思いながらも買わないまま読み終わってから早くも1ヶ月近くが経とうとしていう今日この頃なのでした。(9月上旬)

『肌断食 スキンケア、やめました』 平野卿子著 川出書房新社

以前からこの本ではないのですが『スキンケアはいらない』という内容の本が気になっていました。

その本はいまだ買っていないのですが、スキンケアを実際にやめた人が書いた本ということだったので俄然読みたくなり購入。

界面活性剤の影響や皮膚の常在菌の効果など知らなかったことがたくさん書かれています。

実はこの本を読み始めたのは8月の終わりだったのですがそれと同時に実際にスキンケアをやめてみました。

化粧水も乳液も普段使いしていた日焼け止めも。

肌がつっぱったりぼろぼろに剥がれてきて仕方ないようだったらいつでも再開すればいいしと気楽な感じでやめたのですが、今のところ肌がぼろぼろになるということはなく大きな変化はないです。

普段乾燥肌だと思っていたのでもっとバリバリになるかと思っていたら以前よりちょっとカサツキを感じる程度で肌はさらっとしています。

スキンケアの手間がいらないこと、汗をかいたりしたらいつでもざば~っと顔を洗える気持ちよさは実に快適。

先日ワセリンを購入して『ちょっとかさつきがいつもよりひどいかな』という日に少しだけ顔につけてみましたこれで十分ですね。

ただ気持ち以前よりほうれい線が深くなったような気がしますが、元々ほとんどほうれい線が気にならなかったのでこれで年相応なのかも、もっとひどくなったらそのとき考えようと思っています。(9月上旬)

« トゥシューズが履ける日も近い?! | トップページ | ダブルウェディングリング キルティングの終わりが見えてきた! »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トゥシューズが履ける日も近い?! | トップページ | ダブルウェディングリング キルティングの終わりが見えてきた! »