フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月の2件の記事

2013年12月31日 (火)

12月に読んだ本

『迷子の大人』 坂井希久子著 実業之日本社

図書館で題名にひかれて手に取ったもの。

主人公の介護職員の梓と陶芸家の桂の恋物語…なんだけど2人のやりとりがなんともじれったくて先が気になって、というより心配で続きを読むという感じでした。

結末にほんわかした気持ちになれました。(12月19日)

『トロピカル性転換ツアー』 絵と文:能町みね子 文春文庫

 『オカマだけどOLやってます』を以前読んだことがあって、その後の話が書かれてあると知り即購入。

こういうとき文庫本は単行本より安価でいいですね。

男の体から女の体への手術内容が詳しく書いてあって『へえ~よく考えられてるんだね~』と感心しました。

術後順調だったはずが急激に体調が悪化して帰国してから持病の手術をすることになったとのこと、無事元気になってよかったと安心しました。(12月21日)

2013年12月 3日 (火)

男子中学生、編み物に興味を示す

息子が足を怪我して整形外科に通院中で昨日も一緒に行ってきたのですが、さすがに週明けの夕方ということもあって待合室は学校帰りの学生や親子連れでいっぱいでした。

待つかもしれないと予想して編みかけの品を持って行っていたので編み始めたのですが、私の席と角を挟んだ席に座っている男子中学生がどうも私の手元をじっと見ているような気がします。

『編み物に興味があるのかな?編んでるのを見たことがないのかな?』と思っていると彼はお母さんをつんつんとつついて小さく私の方を指さしながら何か言っています。

気になったので顔を上げて見るとこちらを見ている2人と目が合いました。

するとお母さんが『帽子ですよね?』と聞いてこられました。

私が輪針で編んでいたので帽子を編んでいると思われたようです。

『スヌードです。マフラーが割っかになったような』と答えるとお母さんは『ああ』と納得されたのですが中学生は『なに?』とお母さんに聞いています。

お母さんが『ほら、あんたが持ってるようなやつよ』と言い私が『ネックウォーマーみたいなの』と言うと『ああ…』と何となくイメージできたようでした。

どうも私が何を編んでいるのか気になっていたようですが、興味を持ったのがお母さんではなく男子中学生だったというのが意外でとても新鮮でした。

これで彼が編み物を始めるということにはまずならないと思うのですが、もし実際やってみてはまっちゃったりなんかして…happy02と想像したらなんだか楽しくなったそんな出来事でした。

さて、どんなスヌードを編んでいるのか?

それは次回にでもwink

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »