フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月の4件の記事

2014年2月28日 (金)

2月に読んだ本

『真夜中のパン屋さん 午前3時の眠り姫』 大沼紀子著 ポプラ文庫

先月から読んでいる『真夜中のパン屋』シリーズの第4弾。

もはやドラマには全く関係ない話ばかりだったので『この先どうなるの?』と単純に楽しめました。

今回は主人公希実の過去がとても関係していて、それもだいぶ精神的ショックの大きな出来事とか出てきたのですが、登場人物が皆基本的にいい人ばかりで話の展開も明るいのでそこまで重い雰囲気にならずに読めました。

次でいよいよ行方不明だった母親の話が出てくるようなので期待大なのですが第5弾はまだ出ていないようなので続きを読めるのはまだ先のよう。

う~ん、気になる~happy02(2月7日

『女流官能小説の書き方』 藍川京著 幻冬舎新書

著者がどんなふうに官能小説を書いているのか興味を持ったので読んでみました。

『妄想好きなら、誰でも書ける。』と帯に書いてある通り著者は妄想が好きだそう。

私はその点全く当てはまらないし、著者は物心ついた時から文章を書く、お話を書くということを自然にやっていたそうだけれど、私はそんなことは全くないし、私が小説家になるということはまずないなと実感しました。

その上でプロとして小説を書く人の仕事への取り組み方など読んでいて興味深かったです。(2月16日)

『大人でもはじめていいんだ!フィギュアスケートはじめました。教室・衣装選びから技のコツまで別世界に飛び込んだ体験記』 佐倉美穂著 誠文堂新光社

フィギュアスケート教室に入り自分が滑るにあたって参考になる本はないかと本屋さんに行って見つけた本。

フィギュアスケートを習っている著者の体験記です。

ただ題名に偽りありという感じもあって“教室・衣装選び”をあてにすると『あれ~down』と感じるかも。

著者がどんなふうに教室にたどり着いたか、練習着はどんなものを着ているかということは書いてありますが、教室を選ぶのにどんな点に注意すべきかなどは書かれていないです。

あと文章は横書きだし、内容が重複しているところはあるし、文章は横書きなのに中のマンガはセリフが縦書きで右ページがら読むようになってるし、習い始めてからの時間経過がいまいち分かりにくい…など読むのに何かと不都合を感じたりはしますが、フィギュアスケートを習う立場での本が他にない状況では何はともあれこういう本が出版されたというのは画期的なことだと感じました。

約10年前私が大人バレエを習い始めたとき大人向けのバレエの本が全くと言っていいほどなかったのが今では何冊も出ていて自分の興味に合わせて選べるようになったように、フィギュアスケートの本ももっと充実していけばいいな~と思います。(2月16日)

『成功術 時間の戦略』 鎌田浩毅著 文春新書

京大の教授である著者紹介の写真には目力の強い知的な感じの男性がこちらを向いて笑って写っていてそれだけでなんだか生命力の強さを感じます。

内容は自分の能力を発揮するためにいかに戦略的に時間を使いこなすかという方法について段階的に9つに分けて書かれています。

理論的に書かれた文章はとても読みやすく、さらに興味を持ったところから読んでほしいという著者の狙い通りどこから読んでも理解しやすかったです。

あとはこれをいかに実践して身に着けていくか。

読んで終わりでは意味がないと思いました。(2月21日)

2014年2月15日 (土)

ソチ五輪会場で気になったハワイアンキルトのバッグ

フィギュアスケート男子シングルでついに羽生結弦くんが金メダルを獲りましたねsign01

昨夜眠気に勝てず寝てしまったので朝一でテレビをつけて確認すると画面には『羽生結弦 金メダル』の文字が。

いや~すごいですね~shine

結果を確認したうえで録画した映像を見たのですが、その中でひとつ気になったのが高橋大輔選手が演技後コーチの長光歌子さんと並んで座っていたシーン。

長光コーチの膝には大ぶりのハワイアンキルトのバッグがのっていてその中からポケットティッシュを出していました。

色は地色が茶系のグラデーションでパターンが白だったような。

持ち手は淡いベージュの革製だったような。

エコーのキルティングラインまでしっかり確認できて、買ったのかな?それとも誰か作ってくれたのかな?なんて思いながら見ていました。

会場の模様を見ては『この色合い好きだな~。いろんな柄があるな~。なんか使えないかな~』と気になり、競技を見てはコーチのバッグが気になるという…coldsweats01

きっと同じようにカメラ好きの人は会場のカメラの機種などが気になるでしょうし、演出が好きな人はライティングなどが気になるという風に、人はそれぞれ無意識のうちにたくさんの情報の中から自分の見たいものだけを拾い上げて見ているんでしょうね。

同じ映像を見ていても隣の人が同じものを見ているとは限らない、面白いもんです。

フィギュアスケート教室2回目

先日2回目のフィギュアスケート教室に行ってきました。

今回も教室前に練習できるよう早目に行ってみると、先週同様リンクが仕切られて子供たちのスケート教室が行われていましたが大学ホッケー部の子たちはぼちぼち集まり始めたぐらいでリンクの中はすいていたので狙い通り教室前に滑ることができました。

数歩歩いてその勢いでスーッと滑るというのを何度か繰り返して、あとはひたすら前向きひょうたん滑り時々後ろ向きひょうたん滑りでぐるぐる回っていたら教室開始時間になりました。

今回初心者は3人だけだったので前回より細かく『もっともっと膝を曲げて』とか『もう少し足の幅を狭めて』などの指導が受けられました。

内容は前回の内容+ストップの仕方だったのですが『エッジで氷を削って』と言われてもまず片足で立つことがおぼつかないのでよろよろしているので精一杯でした。

それでも何度も繰り返し練習しているうちに『おっ、こんな感じ?』と思う瞬間がたまにあるのが楽しかったです。

うまいグループの人たちは今日も皆で音楽合わせて踊っていたので先生に『何の振り付けですか?』と聞いてみると5月に発表会があってその練習だとか。

発表会?と思っていると『皆さんもよかったら出てみません?できると思うんだよね~』と思いがけず誘われ慌てて『いやいやいや~sweat01』と断ったのでした。

あとから振り付けをしていた先生が初心者クラスの先生と『そっちの人たちも出ればいいのに』『うん、言ってみたんだけど断られちゃった』『そっか~』と会話していたのですが、でも後から考えてみたらその次の年今と同じようにスケート教室に通えているかどうかなんて分からないよな…と思ったらなんだかとても気になってきてしまいました。

次回の教室の時に発表会のこと、もう一度聞いてみようと思いますconfident

教室後練習をして一休みしていたら近くにうまいクラスの人がいたのでスケート靴について聞いてみたら『続けるつもりなら買った方がいいよ~。貸靴だと癖がついてるしいつも違うから痛かったりするでしょ。意外と安いよ』とのことでその方は先生を通じて25,000円で購入したとか。

前にスケートしに行ったときリンクサイドで喋っていたいかにも上級者という感じのオッチャンたちが『70,000円した』とか言っているのを小耳に挟んでいた私にはその金額はほんとに意外でした。

白いマイシューズを履いてすいすいと上手にクロススケーティングをしている彼女は2年やっているそう。

今はやる気があるけどほんとに続けるのかちょっと自信がない私、まずは3か月続いたらマイシューズ購入を検討しようかと思っていますsmile

snow新しく『フィギュアスケート』のカテゴリーを追加しましたsnow

snow過去のスケートの内容の記事も見られますのでよかったらご覧くださいsnow

2014年2月 8日 (土)

ついにフィギュアスケートを習い始めました!

長年『いつか習いたい』と思っていたフィギュアスケートをついに今月から習い始めました!

6年前熊本から福岡に引っ越す時点で、福岡に通年営業をしているスケートリンクがあって大人の初心者クラスがあることを調べていて引っ越しが落ち着いた時点でレッスンの体験もしていたのですが、まだ道に慣れていなくて車の運転に自信がなかったりで『いつか習えたらいいな~』とそのときは諦めていました。

その後運転はすっかり慣れていたのにいつの間にか『そのうちね~』と無駄に先送りしていたのですが先日『いつかなんて言ってると機会を失って、あのときやっときゃよかったってきっと後悔するぞ』と思い申し込んできました。

教室の前後の時間は好きなだけ滑っていいとの話だったので初日は教室開始時間の1時間くらい前にスケート場に着いたのですが、スケートリンクの中は区切られていて3分の1が幼稚園(保育園?)児のスケート教室、残り3分の2は大学生のホッケー部の子たちがものすごい勢いで滑っていてとてもその中に入れるような状況ではありませんでした。

かといってじっとしていると寒いので仕方なくストレッチなどをしながら待っていたらホッケー部が使っていた部分が半分に区切られいよいよ初心者スケート教室が始まりました。

ヘルメット姿なので『恥ずかしいな~』と思いながらもリンクの中に入り先生の指導の下いよいよ初スケート教室が始まりました。

まずは足をハの字型にして数歩歩いたあとスーッと滑るところから始め、

転び方・立ち方→

前向きにひょうたんを描くように滑る→

後ろ向きにひょうたんを描くように滑る→

前向きに滑って両足一緒にターンして後ろ向きに滑る

…という風にステップアップしていったのですが慣れなくて全身に力が入っているものだから気がつくと汗びっしょりに。

ただひたすら滑っているうちに1時間の初レッスンはあっという間に終わったのでした。

教室の後『よし!飽きるまで滑るぞ!』とひたすらひょうたん滑りの練習をしていたのですがだんだん足は痛くなるし転び方の練習でぶつけたお尻は痛いし疲れたな~と思っていたらリンクの整備の時間になったので早々にスケートリンクを後にしたのでした。

ちなみに教室には私と同じような初心者もいれば、スピンもできるしもしかしたらジャンプもできるんじゃないかというくらい上手な人もいて何人かで音楽に合わせて振りの練習をしている人もいました。

正直そんな技は身につかなくていいからせめてコーナーを曲がるときに足をクロスしながらすーっと滑れるようになれたらいいな、欲を言うならバックでもクロスしながら滑れるようになれたらいいな、くらいにしか思っていなかったのですが、いざ目の前でやってる人を見ると欲が出てくるもんですね。

『できるんだったらやってみたい』と思ってしまい、昨日さっそくフィギュアスケートのレッスン本(DVD付)を買ってきてただ今勉強中でございますhappy02

来週のスケート教室の時間が待ち遠しいな~heart02

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »