フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

バレエ

2013年9月12日 (木)

トゥシューズが履ける日も近い?!

先日バレエ教室に行きストレッチをしていたら先生が近づいてきて『おっ、○○ちゃん(←私の名前)甲が出てきたね』と言われました。

そしてそのまま私の足先をつかんでぐいぐいと伸ばしながら『あとこのくらいまで伸びて、もう少し筋力がついたらトゥシューズ履こうね』と言われました~\(~o~)/

33歳でバレエを習い始め、4年半経ったところで転居その後ブランク4年、バレエを再開して1年半、うち約1年は回数を週2回に増やして『いつかはトゥシューズshine』と目指してきましたがその『いつか』が具体的になってきましたhappy02

う、嬉しい…crying

もっと筋力つけて身体柔らかくしてトゥシューズ履くぞ~sign01

2013年1月22日 (火)

ユニタード 作るのや~めたっ!

Photo昨日ふと『ユニタード、このまま作ったとしてほんとに使うだろうか?いっそ全部ほどいちゃってマフラーにした方が普段使いできて良いいんじ ゃないかな?』と考えが浮かびました。

そのユニタードは右前後身頃はすでに完成、左前後身頃が完成まであともう少しというところまでできています(写真が暗くてすみません)。

ちなみに左右の身頃をはいだらこんなふうに胸Photo_2の中心に縄編み模様が合体します。

そんな風に完成図もイメージできる状態までできていたのですが、一度考えが浮かんでしまったらこのまま身頃が完成してもそのあととじはぎして形にするまでがとても面倒に思えてきました。

しかも頭の中では『この毛糸で編むならあの本に載っていたあのマフラーがいいな~note』と候補までしっかり浮かんでいます。

もうそうなったらほどきたくて仕方なくて、結果、すべてほどいて毛糸だまに戻っちゃいましたhappy02

Photo_3←オリムパスプレミオ5玉と作り目用のくさり編み2本。

ここまで編んでるのにばかじゃんsign02と思う人もいるかもしれないけれど、作る気の無い物を作り続けるのはパッチワークやミシンキルトの教室での課題だけでこりごりdespair

今は自分作りたいものを作るのが楽しいのでこれでいいのですconfident

…とはいえ今からこちらのマフラーに手を出したら他のものがおろそかになるに決まっているのでこちらはしばし保留で他のものを進めようと思います。

2012年12月11日 (火)

ユニタード 右前後身頃完成

Photoユニタードの右前後身頃が完成しました!

続けて左前後身頃を編み始めました。

今は股上の減らし目を始めたところで少し変化があるのでまだましですが、しばらくはひたすらメリヤス編みなのでつまらないです。

早くゴム編み、模様編みに進みたいです。

2012年12月10日 (月)

ユニタード メリヤス編みからゴム編み、模様編みへ

順調にユニタードを編み進めていますPhoto_3

今はメリヤス編み(パンツ部分)が終わりゴム編み(ウエスト部分)、そして模様編み(胴体部分)を編んでいます。

これは右前後身頃なので模様編みのなわ編み部分が胴体の前中心側、左端が後ろ中心側になります。

ゴム編み部分にはあとでリボンを通すための穴を空けてあるのだけどこの写真じゃ分からないですね。

果たしてこんなに細くて大丈夫なのかしら?と心配になりますがゴム編みも模様編みも広げると横にびろ~んと伸びるので大丈夫なんじゃないかなcoldsweats01

模様編みの部分は透かし模様になっているので広げるとこんな感じ↓

あと2段編んだら後身頃は伏せ止めして前身頃は斜めに減らし目をしていきます。

Photo_2それにしてもこの糸編みやすくてストレスを感じることがないので疲れにくいです。

2012年12月 5日 (水)

『バレエライフ』より ユニタード編み始め

『バレエライフ』というバレエ用のウェアや小物の作り方が載った本があるのですが、先日買った毛糸“オリムパスプレミオ”でユニタード(レオタードの上に着るウェア…という説明であってるのかな?)を編み始めました。

以前の教室ではレオタードに巻きスカートでレッスンを受けていたこともありましたが、今の教室ではまだ着たことがありません。

レオタードの方がレッスン中に体のラインが分かっていいので先日久しぶりに家で着てみたら…あまりの醜さにショックを受けてしまいましたcoldsweats02

でもやっぱりレオタードだとレッスン中体を意識していいしバレエをやってるnoteって気分になるので、防寒のためと恥ずかしい尻回りを隠すために前から作ってみたかったユニタードを作ることにしました。

今は減らし目が終わって増減無しでひたすらメリヤス編みをしているのですが気を使います。

Photo

模様編みだと目を落としたときには柄が合わなくなって気づきやすいけどメリヤス編みは気づきにくいし、編み目が揃ってるかどうかがバレバレ。

私は表編みと裏編みでは糸の引き加減が微妙に違うのでうっすら横じまの影ができています。

目をそろえるって難しいな~。

それでもこの糸は手触りがなめらかで編みやすくて自分が上手になった気分になります。

試しで買った1玉がもうすぐなくなりそうなので今日必要な分量買って来ようと思います。

2012年10月24日 (水)

DVD 『エレガンスストレッチ』 を買ってみた

amazonで見るたびに気になっていたDVD『エレガンスストレッチ』。

DVDcdだと見ながらやることが面倒になって結局使わなくなるのではと購入をためらっていましたが、週2回のバレエレッスンに行き始めて小中学生と一緒にレッスンを受けるたびに自分の体の柔軟性のなさを実感、何とかせねば!と購入を決めました。

Dvd

昨日今日と2日続けてやってみましたが、寝た姿勢のストレッチ→座った姿勢のストレッチ→立った姿勢のストレッチと通しでやったら75分間もあるので『こりゃ通しでやることはないな』と思っていたら意外や意外、昨日は自然な流れで75分全部やってました。

今日はちょっと飛ばしたけれどそれでも40分くらいはやってたんじゃないかな?

足先や腕の動き、姿勢などがバレエの動きなのでストレッチをしながらもバレエをやっている気分になりますし、バックで流れているクラシック音楽もゆったりと心地よく気分もリラックスします。

さすがにお手本と同じような姿勢は取れませんが無理せず自分に出来る範囲で曲げたり伸ばしたりしています。

最後のクールダウンなんか白鳥の腕の動きなので自分の中ではすっかり白鳥になりきって動いていますsmile

全部をやらなくても少しずつでいいから毎日こつこつ続けることで体が変化するとのことなのでなんとか続けようと思っています。

2012年9月 2日 (日)

羨ましくて仕方ない

昨日今月から行くことにした土曜日のバレエ教室に行って来ました。

木曜日の文化センターのクラスに通っている人が3人こちらのクラスにも来ていました。

そのうちの1人は先週見学した際に先生からトゥシューズの許しが出た人で最初にトゥシューズの申し込み用紙を渡されたいたのですが、他の2人も来るとすぐ『はい、○○ちゃんもこれ書いてね』と申し込み用紙を渡されていました。

皆大人から始めた人たちで週2回のレッスンを始めて1年経ったので3人揃って先生からトゥシューズの許しが出たのでしたsign01

先生に足を見てもらってサイズを相談したり『来週テーピングの仕方を説明するからテープを買ってきてね』と言われているのを見てたらもう羨ましくて…。

私は関係ないのに一緒になって喜んでいたら、ふいに先生が『○○ちゃん(私の名前)もバレエ再開してからもう半年だから、半年後には履けるかもsign02』と言われました。

そう言われて嬉しかったものの体の硬さや筋力不足は自分が一番分かっているので『いやいや~それは無理無理coldsweats01 とりあえず週2回通って1年後、来年の夏OKが出たらいいな』と気を引き締めましたpunch

その後受けたレッスンは他の人の動きを見ながら一生懸命やるもののついていくのでいっぱいいっぱいでなかなか前途多難なようです。

でも頑張りま~すhappy01

思い出のバレエの本

小学生のころよく『○○入門』という女の子向けのシリーズ本を買っていました。

内容はお菓子作りだったり、ペーパークラフトだったり、マナー入門だったり。

その中でこの頃懐かしくてまた見たいと思う本がありました。

いつも利用する図書館は借りたい本が蔵書になかった場合、リクエストしてもし近隣の図書館の蔵書にあれば図書館同士で借りて、その上で貸し出ししてくれます。

そのシステムを利用して懐かしの本を借りることが出来ました。

それがこれ↓

Photo

小学館ミニレディー百科シリーズ『バレエ入門』(初版1979年)

私が買ったのは多分最初に出た頃で、これは1993年の第15刷なので表紙の絵が違うのですが内容は昔のままでした。

監修が松山バレエ団の松山樹子さん、著者が同じく清水哲太郎さんなので内容は松山バレエ団寄りですが、足のポジションからバーレッスン、フロアレッスンなどイラストで詳しく書かれています。

中でも子ども心に印象深く残っていたのがマンガ『森下洋子物語 はてしなき星(エトワール)への道』。

当時日本を代表するバレリーナとして活躍していた森下洋子さんが、バレエと出会いレッスンを重ねて世界的なバレリーナになっていく姿を描いています。

その中でもトゥシューズを履いて立つシーンが印象的でよく覚えていました。

子ども時代バレエに憧れていたものの、自分の中でもバレエを習うということが現実的に思えなかったのか親に『習いたい』と言うこともなくバレエに触れることもなく成長しました。

ところが、大人になったら時代は変化して幸運なことに大人の初心者向けバレエ教室ができ私でもバレエを楽しむことが出来るようになっていました。

たとえ子どものときからやっていた人の様には踊れなくてもレッスンのたびに体のあちこちがギシギシ言ってもいても、今はレッスンを受けられるのが楽しくて仕方ありませんsmile

2012年8月22日 (水)

本気でトゥシューズを目指す!

33歳のとき、以前から憧れていたバレエを習い始めました。

週に1回のペースで大人の初心者クラスに通うこと4年半。

引越しに伴い新しいクラスを探したのですが、時間や料金などなかなか都合が合わずバレエをしないままあっという間に4年が過ぎました。

そして今年の4月から少し生活パターンが変わったのを機に4年のブランクを経てバレエを再開。

今は週に1回隣町の文化サークルのバレエ教室に通っています。

一時やめていただけに通い始めたら楽しくて『トゥシューズがはけるようになりたい』という気持ちが段々強くなってきました。

その反面『でもやっぱり大人になってからじゃ無理なのかな。少なくとも今のペースじゃまず無理だよな。筋トレやストレッチをちゃんと毎日して、クラスもせめて週に2回通えたら…もしかしたら履けるようになるのかな』とも思っていました。

そんなある日、ある生徒さんがレッスンの後先生に『土曜日のクラスが…』と話しているのが聞こえて来ました。

『…?土曜日のクラスがあるの?』とすかさず聞いてみると土曜日に別の場所でも大人のクラスをやっていて、そこでは本校の生徒さんがトゥシューズを履いてレッスンを受けていて、文化サークルの生徒さんも何人かそちらにも通っているということが分かりました。

そうと聞いたらもう俄然気になって即先生に『見学させてください!』と申し込み先日見に行って来ました。

見に行ったのは大人の初心者クラスでバレエシューズでレッスンしていました。

文化サークルの教室より少しレベルが高いものの、以前のクラスの内容とほとんど同じなのでついていけないということはなさそうだし、土曜日は息子のsoccer試合で行けないときもあるかも知れないけれど先生に了解をいただけたので、来月から行くことにしましたhappy02

そのとき文化サークルの生徒さんが1人受けていて『トゥシューズ憧れるよね~』って話をしていたら、先生から『○○ちゃんはこっちも来始めてどれだけだっけ?…そっか…トゥシューズ履いてみようか。いきなり立つのはダメだけど、少しずつねhappy01』って言われたのです~sign03

もうそれを聞いて『私もトゥシューズ履けたらいいなshine』とそれまで憧れshineだったのが『私もトゥシューズ履きたいsign01』と現実的な目標fujiに変わりました。

そうなればあとは日々やらなきゃならないことをやるだけ。

きっとできるshineそう信じて頑張りますrock

2012年6月 6日 (水)

バレエしておけばよかった by娘

普段テレビを観ていると10代、20代の女性がたくさん出てきますが、そのほっそ~い脚や棒のような腕を見ていると、つい『うわ、細っsign01筋肉全然ないやん。運動とかしたことないっちゃろうね~』などと言ってしまいます。

逆に程よく筋肉と脂肪のついた美しい体の人を見ると『あの太ももの裏の筋肉がきれいやね~。この人何か運動しとったんやろうね』とか『あのクビレがいいね~』と言ったり。

実は年頃である娘が体の細さだけに憧れて筋肉も脂肪も関係なくとにかく細けりゃいいと思うようになってはまずいと思っています。

なので、ことあるごとに『女の人の体にとって脂肪は大事っちゃんね。ホルモンバランスに影響したりするんだから』とか『脂肪も筋肉も大事。必要な筋肉がないと体の代謝は悪くなるし、脂肪は体を守るんだからね』と言っていました。

特にバレエダンサーやバレエ経験者が出てくると『うわ~…heart01やっぱりきれいやね~』とつい言葉が出てくるのですが、娘も影響で『あの人の足きれい。筋肉がちゃんとあるやん』などと言うようになりました。

私が最初バレエを習い始めたとき娘は小学生になるかならないかで回りの人から『娘さんにバレエさせないの?』とよく聞かれました。

本人がやりたければと思っていたのですが当の本人が『やりたくない』というので無理に勧めることもなく月日が経ち娘も今では中学生。

小学校時代も中学校に入ってからも、どの学年にも大抵1人か2人はバレエ経験者がいて日頃の姿勢や体育の授業でその柔軟性や姿勢の美しさ、なによりまっすぐな脚が目を引くようです。

そんなある日娘が『○○ちゃんの脚、すらっとしてて筋肉もちゃんとついてて綺麗よ~』と言うので『あんたもバレエしてればよかったのに』と言ってたらそれまでは『ふん』と言っていたのに『ほんとやね~。バレエしとればよかった~』と言うではありませんかsign01

『どうしたsign02今まで絶対嫌って言いよったやん』と聞くと『いや~やっぱ綺麗っちゃもん。あ~バレエしとけばよかった』ですって。

『今から習う?』と聞いてみると『いや、今から習ったって子どものときからやってる人みたいに上手くなれんし』という返事だったので『じゃあ、大人の初心者クラスに一緒に行く?』と言ってみると『嫌やし』ですって。

母は何度か聞いてみたけど行きたがらなかったのは娘本人だもんね。

残念でしたcatface